ネットワーク、サーバー、デバイスいずれが対象であっても - インフラ監視に必要な機能をフルに実装しました

NetCrunch はWindows サーバー上で動作する、オールインワンのエージェントレス監視システムです。ライセンスはサーバー用のライセンスとコンソール用のライセンスに分かれています。

システム要件はこちら

ネットワークインフラ

NetCrunch は、お客様がネットワークサービス(Ping, HTTP, SSH, FTP など)のパフォーマンスと可用性をコントロールすることを助けます。NetCrunch はノード間の接続を観察し、様々なグラフィカルなネットワークビュー(例えば、物理的セグメントマップ)に自動的に反映させます。MIBコンパイラを搭載し、SNMPをフルサポート。また、スイッチのトラフィック監視、NetFlowのサポートも実装し、御社のネットワークインフラの可視化をフルにサポートいたします。

システム&アプリケーション

NetCrunch は全ての主要な OS (Windows, Linux, VMware ESX/ESXi, Mac OS X, BSD)をSNMPエージェントなしで監視します。エージェントレス監視とアプリケーションのパラメータによって、異常や故障の兆候を早期に発見することができます。

Open Monitor

Open Monitor 1.0 は最新版のNetCrunchに追加されました。アプリケーションやデバイスなどあらゆるソースからデータを簡単に取り込むことを可能にします。Web ページやファイルからデータを得たり、スクリプトやアプリケーションを実行、またREST リクエストを使って送られたデータを受信することも可能です。さらに、しきい値の設定や、内部的なNetCrunchのカウンターとして、パフォーマンスビューやレポートを作成することもできます。